CS‐21シリーズ

はじめに

コンクリート改質剤CS-21は、無機質の無色透明な水溶液です。
硬化したコンクリート塗布(散布)または注入し浸透(含浸)させることで、既存の微細空隙および施工後新たに発生する微細空隙を充填する性質があります。

開発当初(1,993年)は漏水補修工事おける注入止水材としての位置付けでしたが、その後、塗布材としても適用されるようになり、現在では、コンクリート構造物の表面保護、躯体防水、打ち継ぎ部処理、ひび割れ補修等に用途が拡大しています。

用途の拡大と共に、各工法に対応した新たなシリーズ製品や補助剤の開発・製品化も順次進めております。
そのため、目的の効果を発揮させるためには、各材料の反応特性を理解し、現場のコンクリートの状態や環境にあわせて適切な工法・材料を選定して施工を行うことが重要となります。

使用目的使用材料使用用途
躯体防水CS‐21駐車場・屋上・地下・水槽等の防水
表面保護
CS‐21ネオ
CS‐21ビルダー
新設構造物の品質・耐久性向上
既設構造物の予防保全・長寿命化
保護美装
CS‐21

CS‐21フィラー※
既設構造物の予防保全・長寿命化
無機系被覆材による美装
打継ぎ部処理CS‐21打継ぎ部からの漏水防止・劣化抑制
微細ひび割れ補修CS‐21
CS‐21ネオ
CS‐21ビルダー

CS‐21ひび割れ補修セット
躯体防水・表面保護としての全面塗布の他、ひび割れ箇所の部分塗布も可能

ひび割れ部の耐久性向上+美観回復
ひび割れ注入CS‐21微粒子セメント等と併用する場合あり
漏水補修CS‐21
CS‐21モイスチャー※
CS-21クォーツ※
微粒子セメント等と併用する場合あり
断面修復CS‐21クリアー
CSモルタル※
下地強化+界面の空隙発生抑制+充填材保護無機系充填材による欠損部の修復

※準備中